【Unity】Buttonをinteractableで無効化したり、動的にイベントを追加する方法

Unity

はじめに

この記事ではUnityのButtonの使い方を紹介します。

 

↓ — YouTubeなら9分24秒で学べます ― ↓

 

Buttonの設置方法

ボタンを設置するには、GameObject > UI > Buttonをクリックしてください。すると、Canvas/Button とEventSystemが出現します。

このCanvasはTextやButtonといったUI(ユーザーインターフェース)を扱う際に必要なオブジェクトです。

EventSystemはボタンをクリックしたときにCanvasにデータを送るといった、ユーザーとUIの橋渡しを行うオブジェクトです。これは通常編集する必要はありませんので無視してください。

 

 

Buttonにメソッドを追加する方法

では、Buttonにメソッドを追加していきます。

Asset/Script 内に、右クリック > Create > C# Script でスクリプト(今回はTest.cs)を作成して以下のコードを記入してください。

 

 

Hierarchy上のButtonにTestスクリプトをアタッチしてください。アタッチするオブジェクトはどれでも構いません。

Inspector上のButtonコンポーネントの「On Click()」欄の右下の「+」をクリックしてください。

次に、「On Click()」欄の左下にNone(Object)があるので、Test.csスクリプトがアタッチされているオブジェクトをドラッグ&ドロップしてください。

最後に、「On Click()」欄の「No Functionタブ」をクリックし、Test > Method() をクリックしてボタンに適用したいメソッドを追加してください。

これで、ゲームを実行してボタンを押すと、メソッドが実行されます。

 

注意点として、適用するメソッドはpublicでないとNo Functionを押してもメソッドが表示されないので注意してください。

publicやlocalといった内容が分からない方はこちらの記事もご覧ください。

【参考記事】

グローバル変数とローカル変数の違いと「Serializefirld」でインスペクター上に変数を表示させる方法

 

 

スクリプトから動的にメソッドを追加する方法「onClick.AddListener」

 

スクリプトのコードからメソッドを追加するには「btn.onClick.AddListener(メソッド名);」のように記入してください。

なお、前段階として、UI系のメソッドを使う際は「using UnityEngine.UI;」を追加し、「Button btn = GetComponent<Button>();」でButtonコンポーネントを取得しておいてください。

また、onClick.AddListener(メソッド名)のメソッド名はstring型の文字列ではないので注意してください。

 

 

Buttonを無効化する方法「interactable」

画像のように、Buttonを半透明化にして無効化したいときは、Buttonコンポーネントの「interactable 」のチェックを外してください。これで、ボタンをクリックしてもメソッドが実行されません。

スクリプトで行う際は、「btn.interactable = false;」のように使用します。もちろん、「btn.interactable = true;」で有効化できます。

 

Buttonの色を変更する方法

ボタンの色を変更するには、Buttonコンポーネントの「Normal Color」「Highlighted Color」「Pressed Color」「Disabled Color」を変更します。

「Normal Color」はマウスカーソルが触れていないときの通常の色。

「Highlighted Color」はマウスカーソルがボタンに触れたときの色。

「Pressed Color」はクリックしたときの色。

「Disabled Color」はintaractableがfalseのときの色です。

 

 

Buttonの画像を変更する方法

ボタンの画像を変更するにはButtonの中にあるImageコンポ―ネントを変更します。Imageコンポーネントの中の「Source Image」に変更したいボタンの画像をドラッグ&ドロップしてください。

使用する画像は何でもよいのですが、Asset内にある使用したい画像をクリックしてInspectorより、Texture TypeをSprite (2D and UI) に設定しておいてください。

 

忙しい人のためのUnity入門講座へ戻る

 

すくまりゲームズの人気記事

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました