【忙しい人のためのUnity入門講座】Text を使って文字を表示する

投稿者: | 2018年11月26日

スポンサーリンク

 

 

フィア
今回はTextの表示方法についてだよ
カレン
今回も基本中の基本だから、しっかり覚えてね

 

― YouTube なら8分22秒で学べます ―

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

目次

 

 

Textの設置

GameObject > UI > TextよりTextを設置してください。すると、Canvas、EventSystem、そしてTextが設置されます。

 

Text 等のユーザーインターフェース(UI)はCanvasの子オブジェクトへ置く必要があります。

また、同時に生成されたEventSystemは、ユーザーのテキスト入力やボタン入力をCanvasへ受け渡すものです。

通常、いじる必要はないので無視してください。

 

もし、ゲームウインドウ内にテキストが見えていなかったら、インスペクター上のTransformを (x,y,z)= (0,0,0) として、CanvasからみてTextを原点に設置してください。

すると、以下のようなゲーム画面になります。

 

文字の大きさや配置の変更

文字の変更

表示する文字を変更するときはTextの枠内の文字を変更してください。

 

フォントサイズの変更

フォントサイズを変更したいときは、CharacterのFont Sizeを変更してください。

 

配置の変更

文字の配置を左揃えや中央揃えにしたいときは、ParagraphのAlignment のアイコンをクリックしてください。

 

自動調整

ParagraphのBest Fitにチェックを入れると、現在のTextの枠内に収まるように、自動的に文字の大きさが変更されます。

Min Size 、Max Size で文字の最小サイズと最大サイズを調整してください。

ただし、Max SizeはもともとのFont サイズより大きくすることはできません。

 

Rect Toolで拡大

文字の大きさを変更すると、Textの枠内からはみ出て表示されない場合があります。

その場合は左上のRect Toolを選択して、シーン上でドラッグ&ドロップで拡大してください。

 

 

スクリプトでTextを変更

 

上記のコードを記載したスクリプトを作成し、Canvasへドラッグ&ドロップしてアタッチしてください。

 

TextのようなUIを使用するときは、まず、「using UnityEngine.UI;」と記入してください。

これを記入しない場合は、「UI.Text」のように毎回UIを頭文字に記入する必要があります。

 

次に、「Text t = GameObject.Find(“Canvas”).transform.Find(“Text”).GetComponent<Text>();」でText 型のコンポーネント変数 t へ格納しています。

「GameObject.Find(“Canvas”)」で Canvasを参照し、「transform.Find(“Text”)」でCanvasの子オブジェクトを参照した後、「GetComponent<Text>()」でTextコンポーネントを取得しています。

 

もし、今回のようにCanvasにスクリプトをアタッチする場合、「GameObject.Find(“Canvas”).」は省略できます。

基本的に、GameObject型の明記が無い場合はthis の意味となり、スクリプトをアタッチしているGameObjectを自動的に指します。

 

文字を変更するには、「Text型.text = “文字”」のように、「.text」を使用します。

また、今回のようにint型の数字を表記する場合、このまま用いても文字列として認識されますが、正しくは「int 型.ToString()」でstring型に変換して使用してください。

 

 

終わりに

フィア
あっ! 定番の「Hello World」するの忘れてた!
カレン
確かに…

 

 

忙しい人のためのUnity入門講座へ戻る

 

すくまりゲームズの人気記事