【忙しい人のためのUnity入門講座】「float」の使い方

投稿者: | 2018年11月15日
フィア
今回は”float”の使い方だよー
カレン
基本だけど、隠れたバグを引き起こしやすいから注意してね

 

― YouTubeなら1分19秒で学べます ―

 いいね    チャンネル登録

 

スポンサーリンク

 

float の使い方

“float”とは、intと同様に型名の一つです。小数点を扱いたいときに使います。

使用する際は、「float 変数 = 5.5 f」のように、値の後にfを付けます。

 

ここで注意してほしいポイントがあります。

通常、10/4 = 2.5 ですが、 float num = 10 / 4 ; のように f 無しで計算すると計算結果は2となり、小数点は切り捨てられます。

これはint型で計算されているからです。float num = 10f / 4f ; では2.5と表示されます。

割り算を利用するときはエラーになりやすいので注意してください。

フィア
割り算は小数になることがあるから注意が必要だよ
カレン
だんだん面白くなってきたわね

 

忙しい人のための入門講座まとめページへ戻る

 

すくまりゲームズの人気記事