【忙しい人のためのUnity入門講座】配列の使い方

Unity

はじめに

この記事ではUnityで配列の使い方を紹介します。

― YouTubeなら2分2秒で学べます ―

 

配列の使い方

int age, int age1, int age2 …, のように変数が多くなってきた場合、毎回変数を定義するのは面倒です。そういった場合に「配列」を使うと便利です。

配列の使い方は「int[] i = new int [配列の要素数]」または「int[] j = { 3, 4, 5 }」のように使います。

要素を取り出すときは、i[0]のように使います。要素は0個目からカウントされますので、3つ目の要素ならi[2]のように使います。

 

忙しい人のための入門講座まとめページへ戻る

 

すくまりゲームズの人気記事

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました