【Unity ML-Agents ver.0.5 対応】大幅な仕様変更に対応!ML-Agents のインストール方法

投稿者: | 2018年11月28日

 

スポンサーリンク

 

フィア
カレン~、Unityで機械学習してみたいと思って

『Unity ML-Agents』をインストールしてみたんだけど、

上手く設定できなかったの……

カレン
あっ、もしかして最新版の『ML-Agents ver.0.5』?
フィア
うん…たぶんそう…。
フィア
分からなかったから参考書も買ったんだけど、

こっちも対応してなかったよ…

 

 

 

カレン
なるほどね…
カレン
オッケー! じゃあ、一緒に導入方法を調べてみましょうか!
フィア
ホントに!? やったー!

 

スポンサーリンク

 

 

― YouTubeでも視聴可能です ―

 いいね    チャンネル登録

 

目次

 

 

※開発環境

今回の開発環境は Windows 10 (64 bit)、Python 3.7 、ML-Agents ver 0.5を想定しています。

 

 

1、Unity ML-Agents のインストール

GitHub – Unity ML-Agents からダウンロード

以下のリンクからGitHubへ行き、「Clone or download」をクリックして「Download ZIP」してください。

https://github.com/Unity-Technologies/ml-agents

 

ダウンロードしたZIPを「Lhaplus」などの解凍ソフトを使って解凍してください。

本記事では、解凍したファイルはデスクトップ上に置くものとします。

 

 

2、TensorFlowSharp in Unityをインストール

以下リンクからGitHubへ行き、「Requirements」の「Unity TensorFlow Plugin」からTensorFlowのPluginをダウンロードしてください。

TensorFlowとは、Googleが主導して開発している、機械学習のライブラリです。

https://github.com/Unity-Technologies/ml-agents/blob/master/docs/Using-TensorFlow-Sharp-in-Unity.md

 

 

 

3、Anaconda のインストール

・Anaconda.exeのインストール

以下のリンクから、「Python 3.7 version」をクリックして、『Anaconda』をインストールしてください。

https://github.com/Unity-Technologies/ml-agents/blob/master/docs/Using-TensorFlow-Sharp-in-Unity.md

 

 

 

・Anacondaのセットアップ

Anacondaをダウンロードしたら以下のような画面が現れますが、×で閉じて構いません。

 

 

「Next」をクリック。

 

 

「I Agree」をクリック。

 

 

「Next」をクリック。

 

 

好きなフォルダを選択して「Next」をクリック。

ただし、ユーザー名はできればアルファベットの方がいいです。

日本語では何らかのエラーが生じることがあります。

ちなみに、私はいつもユーザー名は「国際標準化機構」の「iso」にしてます笑

みなさんはご利用中のPCのユーザー名をご使用ください。

 

 

「Install」をクリック。

ここでポイントですが、Anacondaが上手く実行されない場合、「PATHを通す」ことで改善することがあります。

私の場合は「Add Anaconda to my PATH environment variable」にチェックを入れずにインストールしたら普通に上手くいきましたが、もし上手くいかなかった場合は、これにチェックを付けてインストールしてみてください

参考になりそうなリンクも貼っておきます。

 

PythonのPATHの通し方参考リンク

 

 

4、Anaconda Navigatorの設定

Anacondaをインストールしたら、Windowsの「プログラム一覧」をより、「Anaconda Navigator」を起動してください。

 

 

Anaconda Navigatorのサイドバーより「Environments」を選択。

 

 

「Create」をクリックして、出てきたウィンドウのNameに好きな名前を付けて、Pythonのバージョンを3.7にしてください。完了したら「Create」をクリック

 

 

作成した環境(今回はmlagents)の右の「▶ボタン」をクリックし、「Open Terminal」をクリックすると、コマンドプロンプトが起動します。

 

 

 

5、Pythonパッケージのインストール

・Pythonのバージョンの確認

コマンドプロンプトに「python –version」と入力してEnterを押してください。

「Python 3.7.1」と表示されたらオッケーです。

 

・Python 3.6のインストール

次の手順でPythonのパッケージのインストールを行うのですが、ml-Agents ver0.5では「Python3.6 以上、3.7未満」のバージョンを要求されます。なので、最新のPythonのバージョンである3.7.1ではインストールできません

そこで、今回はPython 3.6.3をインストールします。「conda create -n ml-agents python=3.6.3」と入力してください。途中の質問には「y(=yes)」で答えてください。

また、コマンドプロンプトの入力行の頭文字が(base)となっている場合は「activate ml-agents」と入力して(ml-agents)と表示させてください。

Unity ゲーム制作日記様より引用

 

 

・pip installを使ったパッケージのインストール

GitHubよりダウンロードして解凍した「ml-agentsm-master」フォルダ内に、「ml-agents」フォルダがあるので、コマンドプロンプトのディレクトリをそのフォルダに移動します。

古いバージョンである、ML-Agents ver 0.4 ではこの「ml-agents」フォルダが「python」という名前でした。なので、昔の記事や資料では「cd python」でディレクトリを移動するように指示していますが、最新のver 0.5 では「ml-agents」となっているので注意してください。

 

 

ml-agentsフォルダを開いて、フォルダのアドレスをコピーしてください。

 

 

コマンドプロンプトに「cd コピーしたURL」のように記入してEnterを押してください。すると、ディレクトリがml-agentsへ移動します。

次に、「pip install .」と入力してください。これでパッケージがインストールされます。

これで、環境設定は以上です。

 

 

6、Unity側のML-Agentsの設定

1、UnitySDKのインポート

Unityを起動して、File > Open Projectより「UnitySDK」を開いてください。場所はml-agents-master/UnitySDKです。インポートが完了しましたら、ProjectウィンドウのAsset内に「ML-Agents」フォルダが現れます。

 

2、Unity TensorFlow Plugin をインポート

前回の記事を参照して頂いた方は「Unity TensorFlow Plugin」がダウンロードされていることと思います。

まだの方は前回の記事を参照してダウンロードしてください。

Unity エディタのAsset > Import Package > Custom Package よりダウンロードした「TFSharpPlugin.unitypackage」をインポートしてください。

 

3、ビルド設定

Unity エディタの File > Build Setting を開いて、現れたウィンドウの左下にある「Player Settings」を開いてください。

 

 

すると、Inspector上に「Player Settings」が現れるので、「Resolution and Presentation」タブをクリックして開いてください。

その中にある、「Run In BackGround」にチェックを入れてください。これで、バックグラウンド実行を有効化します。

続いて、「Display Resolution Dialog」を「Disabled」にしてください。これでResolutionダイアログを非表示にします。

 

続いて「Other Settings」タブをクリックし、「Scripting Runtime Version」を「Experimental (.NET 4.6 Equivalent)」にしてください。

さらに、「Scripting Define Symbols」に「ENABLE_TENSORFLOW」と記入してください。

 

これでUnityエディタ上のセッティングは完了です。

 

 

終わりに

フィア
いっぱいインストールが必要だったり、

設定が難しかったり大変だったね…

カレン
そうね…導入の時点でハードルが高いのは

あんまりいいことじゃないわね

フィア
この記事をみて、

「機械学習の勉強がスタートできた」って人が現れたら嬉しいです!

カレン
そういう人がまた記事を公開してくれたら参照するねっ!

 

↓ v0.4 のコードを使用していますが、私のサイトと併用すれば結構いい本です ↓

 

 

忙しい人のためのUnity入門講座へ戻る

【Unity ML-Agents ver.0.5 対応】大幅な仕様変更に対応!ML-Agents のインストール方法」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【Unity ML-Agents ver 0.5】サンプル「Basic」の使い方とスクリプトやパラメータの解説 | すくまりゲームズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください