【忙しい人のためのUnity入門講座】オブジェクトの移動、回転、拡大縮小

Unity

はじめに

エディタ上でオブジェクトを操作する方法を紹介します。

 

— YouTubeなら1分29秒で学習できます ―

 

オブジェクトの設置

左上のタブより、GameObject > 3D Object > Cube を選択してCubeを設置してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オブジェクトの移動

画面左上のMove Tool をクリックし、Cubeをクリックすると3色の矢印が現れます。

これをドラッグすると移動できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オブジェクトの回転

左上のRotate Tool をクリックすると、ドラッグでオブジェクトを回転させることができます。

 

 

オブジェクトの拡大・縮小

左上のScale Tool をクリックすると、ドラッグでオブジェクトを拡大・縮小できます。

 

また、Rect Tool をクリックすると、平面方向にオブジェクトを拡大・縮小できます。

 

 

上記全ての操作を一括で行う方法

ツールの一番右のボタンを押すと、移動、回転、拡大・縮小が同時に行えます。

 

 

 

慣れてきたらこちらの記事もどうぞ

「Translate」や「Rigidbody」、「Vector3」を使った移動方法のまとめページです。

これができないと、スクリプトでキャラを動かすことはできません。

 

 

忙しい人のための入門講座まとめページへ戻る

 

すくまりゲームズの人気記事

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました