【Unity】Sliderの使い方とリアルタイムで値を取得する方法

投稿者: | 2018年12月16日

フィア
今回はSliderの使い方だよー
カレン
SliderはHPバーとか音量調節に使えるから

ぜひ勉強してみてね

 

— YouTubeなら14分52秒で学べます ―

 

スポンサーリンク

 

 

目次

 

 

準備

GameObject > UI > Slider でスライダーを設置。

 

音量調節のようなオブジェクトが設置されますので、

ゲームを実行してドラッグすれば動かせます。

 

このSliderとゲーム中の数値を結びつけることで、

HPバーや音量調節といったことが行えます。

 

 

インスペクターからSliderを操作する

Sliderで主に変更するのは、

  • Direction(スライダーの変化の向き)
  • Min Value(最小値の設定)
  • Max Value(最大値の設定)
  • Whole Numbers(チェックを入れると整数のみに制限)
  • Value(現在値)

です。

 

これらの値がゲーム中変化しないのであれば、

このままインスペクター上で数値を打ち込めばいいです。

 

 

スクリプトでSliderを操作する

では、スクリプトでスライダーの値を制御していきます。

 

なお、この記事では、スライダーにスクリプトをアタッチして使用します。

 

Canvas等にアタッチする場合は

GameObject.Find  等からスライダーを取得してください。

 

参考記事

【Unity】Tagを使用した高速なオブジェクトの参照方法「FindWithTag」

 

SliderはUI(ユーザーインターフェース)のコンポーネントなので、

取得する際は以下を追加してください。

 

続いて、Slider型を宣言し、コンポーネントを取得。

 

「maxValue」でスライダーの最大値の設定、

「value」で現在のスライダーの値を設定できます。

 

実行すると以下のようになります。

 

 

スライダーの変化を察知してメソッドを実行する方法「On Value Change」

リアルタイムに値の変化を取得するには、

「On Value Change」を使用します。

 

「On Value Change」の右下にある+マークを押してください。

 

スクリプトがアタッチされているオブジェクトを

Noneのところへドラッグ&ドロップし、

No Functionタブで使用したいメソッドを選択してください。

 

これでゲームを実行し、スライダーを動かすと、

スライダーのvalueが変更されるたびに

メソッドが実行されます。

 

 

おわりに

フィア
思ったより長くなったから、

HPとかBGMは別記事で書きますね

カレン
宿題、がんばります…!

 

↓ 宿題やりました! ↓

【Unity】Sliderの色の変更方法とHPバーの作り方

 

忙しい人のためのUnity入門講座へ戻る