現役プログラマーがUnityに強いプログラミングスクールを紹介

Unity

現役プログラマーがUnityに強いプログラミングスクールを紹介

はじめに

この記事はUnityが学べるプログラミングスクールを探している人向けです。

現在、プログラミングスクールはとてもたくさんあり、どこを選べばいいかわからないと思います。

そこで、現役プログラマーである私が様々な有名スクールのプランに目を通し、Unityでゲームをつくるならどこがいいか1つに絞りました。

是非参考にしてみてください。

【ゲーム制作】TechAcademy:学習から転職サポートまで

実際にゲームを作りながら学習できるのがTechAcademyです。

Point

  • 自宅でオンライン学習
  • 受講生一人一人に現役プロのパーソナルメンターがつく
  • チャットサポートがある(毎日15:00 ~ 23:00
  • ワンツーマンのメンタリング(週2回、30分)
  • 社会人159000円/4週間学生149000円/4週間

解説

このスクールの最大の特徴は、「実際にゲームを4つ作れること」と、「Git」を習得できることです。

2Dゲームの「進めユニティちゃん」と、3Dゲームの「ピンボール」「避けろユニティちゃん」、そしてオリジナルゲームアプリ、という流れて開発していきます。

私の経験上、実際に物を作って学ぶのが最も一番効率がいい学習方法だと思います。
独学だと必ずわからない部分が出てきますが、そんなときにチャットで質問できるのはすごくいいと思います。

 

続いて「Git」ですが、個人的にこれは義務教育に導入してもいいんじゃないかなってくらい重要なシステムです。

Gitを簡単説明すると、ソースコードの管理システムで、誰がどこを変更したのかを記録し、いつでも変更履歴を確認できたり、変更した部分を取り除いて過去の状態に戻せたりします。

ITの現場ではGitは必須で使われています。これを学べるだけでも、このスクールに価値があると思います。

・Unityの「Unity + Android」や「Unity + iOS」セットコースは不要

TechAcademyのセットコースには「Unity + Android」や「Unity + iOS」といったコースがあります。

これらのコースはUnityを学習した後にSwift (iOS)やKotlin (Android)を使ってiOSアプリやAndroidアプリを作成するコースになります。

料金は社会人328000円/12週間、学生288000円/12週間となっております。

unityのみのコースでは社会人259000円/12週間、学生209000円/12週間ですので、およそ7~8万円の追加料金でスマホゲームが作れるというコースだと思います。

しかし、個人的にはこのコースは必要ないと思います。

なぜなら、作ったゲームをファイル形式で出力する際、Unityならボタン一つで「Android」「iOS」「WebGL (ブラウザアプリ)」のように切り替えて作成できるので、追加料金を払ってまでこのコースを選ぶ必要は無いと思います。

ただ、Unityと一緒にSwiftやKotlinを学びたい方はこのコースもありだとは思いますが、一度にたくさんの言語を学ぶのは効率が悪く、難易度も高いのでやはりUnityだけに絞ったほうがいいと思います。

・4週間プランではまず無理。延長するなら追加のサポート費が必要

私の経験上、4週間(1か月)で初心者がUnityを習得するのはまず無理です。もちろん、夏休みなどで1日8時間くらい勉強時間が確保できるなら可能だと思います。

ただ、働きながらの人で、土日しか勉強できない、といった場合は少なくとも8週間プランを選択してください

4週間でゲームを4本作れたら、その人はもうフリーランスで食べていけます。

もしよかったらUnity room というサイトをご覧になってください。これは、1週間でゲームを作り上げて投稿する、というコンセプトのサイトです。

普段からUnityに触れて慣れている人たちでも1週間の期限ならこのくらいのゲームになります。

これが初心者なら全く時間が足りないことが容易に想像できると思います。

・首都圏なら転職をサポートしてもらうことも可能

実際に問い合わせてみたところ、首都圏ならば求人を紹介してもらうことも可みたいです。

なので、転職のためにスキルを学びたい人にはぴったりですね。

・TechAcademyの動画講義が分かりやすい

これはJavascriptの講義ですが、想像以上に分かりやすかったです。

これと同レベルの講義が受けられるならかなりいいと思います。

【ゲーム制作】TechAcademy:学習から転職サポートまで

気になった方はこちらから

 

忙しい人のためのUnity入門講座へ戻る

 

タイトルとURLをコピーしました