Unityで長いコードが楽に書ける「コードスニペット」(Visual Studio, C#)

Unity

はじめに

Visual Studioで長いコードが楽に書けるコードスニペットを紹介します。

スニペットとは、予測変換のようなものです。

好きなコードを登録しておくと、Tabキー2回で入力できるようになります。

 

コードスニペットの追加

【Visual Studio】コードスニペットを追加する方法
コガネブログより引用

上記のコードは”コガネブログ”様の記事で紹介されていた、Debug.Log.snippet です。

黄色でハイライトした、

<Title>Debug.Log</Title>が表示名、

<Shortcut>Log</Shortcut>がスニペットを呼び出すコードで、

<Code Language=”csharp” Delimiter=”$”><![CDATA[Debug.Log( “$end$” );]]></Code>の

Debug.Log( “$end$” ); のところに好きなコードを入力するといった使い方です。

この3点を自分の好きなようにカスタマイズすることで、

作業効率が飛躍的にアップします。

 

変更したコードスニペッドは、

C:\Users\【ユーザー名】\Documents\Visual Studio 2017\Code Snippets\【言語】\My Code Snippets

に入れてください。

 

そして、Visual Studio を開いて、「ツール>コードスニペットマネージャー」を開きます。

 

1、言語を選び、2、スニペットが入ったフォルダを指定して、

3、追加を押し、4、OKをクリックで完了です。

上記の例だと、Log と入力してTab キーを2回押すと、

Debug.Log(“$end$”); と表示されます。

 

忙しい人のためのUnity入門講座へ

 

すくまりゲームズの人気記事

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました