【忙しい人のためのUnity入門講座】 変数の宣言と計算方法

Unity

はじめに

この記事ではUnityで変数の宣言方法を紹介します。

 

― YouTubeなら1分40秒で学べます ―

 

変数の宣言方法

変数というのは、中学校で学ぶ、x や yと同じく、いろいろな値を入れられるものです。

適当なスクリプトを開いて、以下の様に記入してください。

整数を扱いたいときは、「int 変数」のような形式で変数を宣言してください。

この “int” は型名と呼びます。この他にも、文字列を扱うことができる”string” や小数点を扱える “float” などがあります。

「int 変数 = 値 ;」のような形式で値を代入できます。

int age3 = age + age2; のように、変数同士を計算し、変数に代入することも可能です。

age3 の実行結果は30と表示されます。

 

変数の計算方法

 

変数も計算方法は、上記のように3種類あります。

1、age = age +5; のように、age に 5を足して、age に代入するというやり方です。

2、age += 5; でageに5を加算することができます。

3、age++; はインクリメントといい、ageに1を加算します。

 

忙しい人のための入門講座まとめページへ戻る

 

すくまりゲームズの人気記事

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました