【忙しい人のためのUnity入門講座】条件分岐 if の使い方

投稿者: | 2018年11月18日
フィア
今回は条件分岐 “if” の説明だよ
カレン
かなり重要だから、しっかり覚えてね

 

― YouTubeなら4分39秒で学べます ―

 いいね    チャンネル登録

 

スポンサーリンク

 

 

条件分岐 if の使い方

特定の条件を満たしたときに処理を実行したい場合、条件分岐 “if” を使用します。

例えば、int a が10の時に処理を実行したいときは「if (a ==10){処理}」のように記入してください。

また、int a が10より小さい時に処理を実行したいときは「if (a < 10){処理}」、10より大きい時に処理を実行したいときは「if (a > 10){処理}」のように記入してください。

10を含む場合は「if (a < = 10){処理}」、「if (a >= 10){処理}」のように記入してください。

この他にも、10ではない時に処理をしたいときは「if (a !=10){処理}」のように記入してください。

条件式を複数利用するときは、「else if (条件){処理}」のように ifの下に追加してください。

また、条件式以外ならば処理するときは「else {処理}」のように記入してください。

フィア
” if “は色々使い方があって覚えるの大変だよね
カレン
そうね、ただ、 if と for を最低覚えればゲームは作れるってよく言うわ

大事なところだから、何度も使って覚えてみてね

 

忙しい人のための入門講座まとめページへ戻る

 

すくまりゲームズの人気記事