【Egret Engine】画面タッチでイベントを実行する「egret.TouchEvent.TOUCH_TAP」

投稿者: | 2018年12月25日

フィア
画面のタッチを検出していくよ!
カレン
これも必須技術ね!

 

↓ 最終的にこうなります ↓

 

スポンサーリンク

 

準備

1、テンプレートの作成

UI関連のコードなので、いつも通り以下のテンプレートを使用します。

Main.ts

 

 

タッチを検出する「egret.TouchEvent.TOUCH_TAP」

 

クリックやタッチを検出するには、

を使用します。

this.stageはegretが用意した変数で、画面上のUIを指します。

 

 

図形へのタッチを有効化

new egret.Shape();で適当な図形を作成し、

で図形へのタッチを有効化します。

もちろん、図形の名前はなんでも可です。

 

で、図形へタッチしたときの処理を記入できます。

 

タッチするタイミングは「押した瞬間」「押している間」「離した瞬間」など、いろいろあります。

詳細は公式APIより確認してください。

公式API public class TouchEvent

 

 

おわりに

フィア
Shapeとかstageとか、似たようなクラスが多くて難しいね…
カレン
みんな雰囲気でやってるからとりあえず動かしてみてね

 

参考URL

公式API

public class TouchEvent

public class Shape (AddEventListenerについてはこちら)

public class DisplayObject(stageについてはこちら)

 

HTML5 Egret Engine 入門へ戻る

 

【Egret Engine】画面タッチでイベントを実行する「egret.TouchEvent.TOUCH_TAP」」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【Egret Engine】画像にクリック判定やTouchEventを付与する方法 | すくまりゲームズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください