【Unity, C#】超入門 ラムダ式の書き方、使い方

投稿者: | 2018年10月31日
フィア
こんにちはー!

今日は楽なコーディングを教えてもらえると聞いてやってきたよー!

カレン
きたわねフィア…今日教えるのはこれよ!

() = >

フィア
フィア
カレン…これ私でも知ってるよ… if  に使うやつでしょ…?
カレン
ちがうちがう! 不等号じゃないわよ
カレン
これは、ラムダ式って呼ばれるものよ
フィア
ラムダ式…初めて聞いたー
カレン
そうね…たぶん、Unityの入門書には載ってないと思うわ。
フィア
ということは、結構上級者向け…?
カレン
まぁそうかもね、でも、慣れれば難しくないし便利だよ
フィア
う~ん、ついていけるかなぁ…

なんか外国人が使う横向きの顔文字にしか見えないよ… :_(

カレン
とにかく、習うより慣れろよっ ;)
フィア
ラムダ式カッパちゃん!  () = >

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

通常の計算式

実行結果

 

 

 

 

 

 

 

フィア
これはいつもの計算方法だね! かんたん、かんたん♪ 
カレン
これをラムダ式に書き換えるとこうなるわ
フィア
コードが見辛かったらここを押して拡大してね

 

 

 

 

ラムダ式の場合

フィア
あっ! 三途の川だ~
カレン
渡っちゃだめよ
カレン
確かに、書き方が今までと違うから全く分からないと思うわ
フィア
私でも分からない事が分かるもん…

これは本当にやばいやつだよ…

フィア
それに、あんまり楽になってない…
カレン
これくらい単純なメソッドだと、確かにそうかもね
カレン
ここで注目してほしいのは、

 void Action()とかのメソッドがなくなったことよ

フィア
あっ、ホントだ!
カレン
コードが長くなってくると、

メソッドに名前を付けるのが面倒になってくることがあるの

フィア
あるある! 私、Method1()とかMethod2()とかいっぱいあるよ!
カレン
後で読み返して後悔するやつね…
カレン
1行のコードの為に1つメソッド作るのって面倒よね

そういうときに使うと便利よ

本当はList で使うのが一般的だけど

フィア
なるほどねー
カレン
じゃあ使い方を詳しく見て行こっか!

 

ラムダ式の使い方

ラムダ式を使用する際は、「using  System;」を追加します。

戻り値がない場合は Action、ある場合は Func を使い、 (引数) => { 実行したいメソッド }; のように使います。

カレン
やってることはこれだけよ
フィア
これだけ見たら簡単に見えなくもないけど…
カレン
実は、ここからさらに短縮できるわ

 

ラムダ式の短縮形

 

引数が1つ場合()と型を省略することができます。引数が複数の場合、型のみ省略することができます。

メソッド部分が1行の場合{}を省略できます。

フィア
わっ! なんだかすごく簡単に見えるね!
カレン
簡潔に書きすぎて、元に戻さないと読めないこともあるわね
フィア
確かに…なんだかメロンパンのメロン抜きみたいな感じだね
カレン
もう何がなんだかって感じね
フィア
まぁ思考停止して使ってみるよ!
カレン
みんなは思考しながら使ってね

 

 

【Unity の教科書 2018】サンプルゲームあり|2D&3Dスマートフォンゲームが作れるおすすめの入門書

Amazon Audible| 有名声優が朗読!おすすめライトノベルとドラマCD8選!