【Laravel】WindowsでVagrantとVirtualBoxを使ってHomesteadの環境構築を行う方法

Laravel

はじめに

この記事では以下の環境でLaravel Homesteadの環境構築を行います。

Laravelのバージョンによって異なる部分もでてくるとは思いますので、公式のドキュメントと併用しながら環境構築を行ってください。

動作環境
  • Windows 10
  • Lenovo
  • Laravel 5.8
  • Vagrant 2.2.5
  • VirtualBox 6.0
参考URL

 

Composerのインストール

Comporserのダウンロードページへ行き、Composer-Setup.exeをダウンロードしてください。

Comporserのインストール手順は各自調べてみてください。

おそらく、私のときはすでにインストールしていたのですが、あらかじめXAMPPが必要かと思われます。

Composerインストール手順(Windows)

 

Vagrantのインストール

Vagrantのダウンロードページよりインストールしてください。

Vagrantは開発環境を簡単に構築できるオープンソースのソフトウェアです。

もし、ご使用中のパソコンのbit数が分からない場合はこちらページを参照してください。
パソコンの OS とビット数の確認方法について知りたい (Windows XP/Vista/7/8/8.1/10)。

 

VirtualBoxのインストール

VirtualBoxのダウンロードページの「Windows hosts」をクリックしてVirtualBoxをダウンロードしてください。

VirtualBoxは既存のOS上で別のOSを実行できる仮想化ソフトウェアです。

 

VT-xの有効化とHyper-Vの無効化

まず、VT-xが有効化されているかどうかを確認します。

VirtualCheckerをダウンロードし、起動してください。

左上の「INTEL VT-X/AMD-V」がEnabledで点灯していれば有効化されています。

VT-xが無効だった場合はBIOSを起動し、有効化しなければなりません。

BIOSの起動方法はパソコンのメーカーごとに異なりますので、以下のサイトを参考にしつつ、自分のメーカーのものを検索して設定してください。

Windows 10 「BIOS」を起動させる手順をPCメーカー毎に紹介

Virtualization Technology (VT-X)を有効にするには – ideapad, ideacentre, ThinkPad, ThinkCentre – Windows

 

Hyper-vの無効化は以下のサイトを参考にしてください。

Windows 10 Hyper-Vを有効/無効にする方法

 

Homestead Vagrant Boxのインストール

laravel/homestead をVagrantへ追加する必要があります。

コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行してください。

ディレクトリはホームディレクトリ(C:\Users\’ユーザー名’)です。

途中、プロバイダはどれで動かすのかと聞かれるので、3 → Enter と押してください。

 

Homesteadのインストール

Laravel/HomesteadのGitHubへ行き、Homesteadをクローンしてください。

私は「Laravel_home」というフォルダを作成し、SourceTreeを使ってクローンしました。

もし、クローンがわからない方は右下の「Download ZIP」からダウンロードする方法でもいけるかもしれません(確認してません)。

 

公式によると、最新の安定バージョンであるreleaseブランチにチェックアウトした方がいいみたいです。

Homesteadをクローンしたら、「Homestead.yaml」ファイルを生成します。

コマンドプロンプトを開き、cd でHomesteadをクローンしたフォルダまで移動して、以下のコードを実行してください。

これで「Homestead.yaml」が生成されます。

 

Homestead.yamlの設定

VSCode等のエディタで「Homestead.yaml」ファイルを開いて以下の変更を行ってください。

なお、今回私は「LaravelTest」というフォルダにLaravelのテンプレートをインストールしていきたいと思います。このフォルダ名とユーザー名等は各自変更してください。

また、Windowsでは絶対パスが推奨されておりますので、デフォルトの ~/homeなどは使用しないようにしてください。

共有フォルダの設定

ここではローカルのフォルダと仮想環境との共有フォルダを設定します。

mapにローカルのフォルダの絶対パスを設定し、toに仮想環境のフォルダを設定してください。ちなみに、仮想環境を立ち上げたときのディレクトリは/home/vagrantです。

仮想環境のLaravelTestにファイルを追加すれば、ローカルにも追加されます。

 

サイト設定

環境設定が完了すると、http://homestead.test か “192.168.10.10” でページが閲覧できるようになります。その時、公開するディレクトリを設定しなくてはなりません。以下のように書き換えてください。

 

SSHキーの作成

VirtualBoxへ接続するにはSSHキーが必要です。ホームディレクトリで以下のコマンドを入力し、SSHキーがあるか確認してください。

ファイルがなければ、以下のコードを入力して生成してください。途中、パスワードを入力させられるので、任意のキーを入力してください。

完了すると、「id_rsa」と「id_rsa.pub」が生成されます。

 

ホスト名の追加

C:\Windows/System32/drivers/etc/hostsファイルを開き、以下のコードを追加してください。ここに記入する値は、Homestead.yamlを同値のものを入力してください。

 

vagrantの起動

コマンドプロンプトを開き、Homesteadをクローンしたフォルダへ移動して、以下のコードを入力してください。処理には数分かかることがあります。

完了後、以下のコードを実行し、仮想マシンにログインしてください。これで、仮想マシン上のディレクトリに切り替わります。

Laravelのテンプレートをダウンロードしてください。以下のコマンドを入力すると、現在のディレクトリにLaravelTestフォルダが生成されます。こうしてHomestead.yamlで記載した共有フォルダとパスを合わせます。

 

Laravelページの表示

ブラウザを立ち上げて、「http://homestead.test 」か「192.168.10.10″」と入力してください。

Laravelのアプリケーショントップが表示されます。

Laravelのページが表示されない場合

No input file specified.と表示される

Homestead.yamlの「folders」か「sites」のパスが間違っている可能性があります。
デフォルトで記載されている”Code”はパスに含ませてはいけません。ここには自分で命名したLaravelのフォルダ名が入ります。

または、キャッシュが残っていて更新されていない場合があるので、「Shift + F5」でスーパーリロードしてください。

 

おまけ

VirtualBoxのターミナルへのログイン方法

VirtualBoxのターミナルを起動すると、ログインIDとパスワードを求められます。デフォルトは以下になります。

login:vagrant
pass:vagrant

VirtualBoxを使用しているとマウスカーソルが消滅した時の対処法

キーボードの右側にある「Ctrl」キーを押すとカーソルが表示されます。左側では表示されないので注意してください。

Vagrantの終了方法

で起動した後、終了するときは、

を実行してログアウトしてください。

その後、VirtualBoxを起動して、右クリック>閉じる>電源オフにしてください。

もしくは、細切れでhomesteadをインストールしたフォルダ(ここではLaravel_home)のディレクトリに移動し、

を実行してください。

これで仮想マシンがシャットダウンします。

 

Laravelアプリケーションの起動

VirtualBoxのHomesteadが起動していれば、ブラウザでアプリケーションは起動するので、

をする必要はありません。sshはファイルを操作したいときなどに使用します。

 

すくまりゲームズの人気記事

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました