【Laravel】XAMPPを使ったMySQLデータベース接続の接続方法

Laravel

はじめに

この記事ではXAMMPを使ってphpMyAdminのMySQLからデータを取得する方法を紹介します。

公式ドキュメントや参考書の中で、VirtualBox使った仮想環境でhomesteadのDBに接続したり、SQLite3を使った方法などが紹介されていたのですが、XAMPPを使った方法はあまりなく、一番手軽だったので説明していきます。

動作環境

  • Windows10
  • Laravel 5.8
  • XAMPP v3.2.3
  • PHP 7.3.5

 

LaravelでXAMPPを使ったデータベースの接続方法

XAMPPのインストール

以下の記事を参考にしながら、Apache と MySQLをStartさせるところまで進めてください。

今さら聞けない!XAMPPをインストールする方法【超初心者向け】

 

Laravelテンプレートのインストール

以下のサイトを参考にしてComposerを使ってLaravelのテンプレートをインストールしてください。

導入手順を解説!Laravelのインストール方法【初心者向け】

私は以下のコマンドでLaravelPracticeというフォルダを作成しました。

 

phpMyAdminでデータベースの作成

以下のサイトを見ながら、適当なデータベースとテーブル、カラムを作成してください。

今回は、

データベース名:laravel_practice
テーブル名:people

で作成しました。

phpMyAdminを使ったサンプルデータベースの作成

 

サイトの接続確認

まずはXAMPPで接続できるか試してみましょう。

Laravelが入ったフォルダをxampp/htdocsの中に入れてください。xamppのフォルダはデフォルトだとCの下にあります。

次に「http://localhost/LaravelPractice/public/ 」にアクセスしてください。LaravelPracticeの部分は各自Laravelのテンプレート用に作成したフォルダの名前が入ります。

以下の画面が表示されれば接続テストは完了です。

 

Bladeを使ったページの作成

LaravelPractice/resources/views内に「test.blade.php」というファイルを作成してください。

test.blade.phpに以下のコードを入力してください。nameやmailといった変数名は各自作成したテーブル内のカラム名を指定してください。

 

Controllerの作成

コマンドプロンプトを開き、cd で LaravelPracticeまで移動し、以下のコマンドを実行してください。

LaravelPractice/app/Http/Controllers/TestController.phpが生成されるので、開いて以下のコードに書き換えてください。

useでnamespaseに

を追加するのがポイントです。

今回はSQL文でpeopleテーブルの値を全て取得します。

 

web.phpのRouteを編集

LaravelPractice/routes/web.phpを開き、以下のコードを追加してください。

これで、http://localhost/LaravelPractice/public/testに接続したときに、TestControllerのindexが実行されます。

 

.envファイルを編集

LaravelPractice/.envファイルを開き、DB_CONNECTIONなどを以下の設定に変更してください。phpMyAdminでユーザー名やパスワードを設定している場合は適宜変更してください。

 

database.phpファイルの編集

LaravelPractice/config/database.phpを開き、以下の部分を確認してください。

これで設定は完了です。

テストページの確認

http://localhost/LaravelPractice/public/test に接続すると、以下の画面が表示されると思います。

 

うまく表示されなかった場合

キャッシュを消す

Laravelでは.envファイルの変更が反映されていないことがよくあります。

コマンドプロンプトのcd でLaravelPracticeへ移動し、以下のコードを実行してからページを更新してください。

 

スーパーリロードする

CSSなどが反映されないときは「Shift + F5」を押してスーパーリロードしてください。

 

XAMPPを再起動する

XAMPPを停止して、ブラウザを再起動してください。

 

以上3つを試してもエラーが消えない場合はコードが間違ってないか今一度確かめてください。

これで、XAMPPを使ったLaravelでのデータベース接続方法の紹介を終わります。

 

トップページへ戻る

 

すくまりゲームズの人気記事

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました