【Unity】スクリプトを作成してオブジェクトにアタッチする方法

投稿者: | 2018年11月13日
フィア
今回はスクリプトの作成方法を伝授するよ!
カレン
あら、珍しい…フィアが教えてくれるなんて…
フィア
入門講座だから私もたまには働かないとね!

 

― YouTubeなら2分5秒で学べます ―

 いいね    チャンネル登録

 

スポンサーリンク

 

スクリプトの作成方法

Projectフォルダ上で右クリックし、Create > C# Script でスクリプトを作成できます。

 

 

 

 

作成したスクリプトの中身は上の様になってます。

今回は『Test』という名前で作成したのでクラス名が Test となっています。スクリプト名とクラス名が異なる場合、エラーとなるので注意してください。

void Start () { } のように {}で囲んだまとまりを『ブロック』または『メソッド(関数)』と呼びます。このvoid Start() はゲームを実行した際、最初に実行されるメソッドになります。

ゲームはパラパラ漫画のように画面を表示することで、動いているように見せています。

この1コマ1コマのことを『フレーム』と呼びます。

void Update () は1フレームごとに処理を行うメソッドになります。これは移動などの連続した処理が必要なときに用いられます。

 

スクリプトのアタッチ方法

スクリプトはヒエラルキー上に存在するオブジェクトにアタッチしないと処理されません。

どのようなオブジェクトでもいいので、ヒエラルキーにオブジェクトを設置してください。今回はCubeを設置しました。

これにスクリプトをドラッグ&ドロップしてスクリプトをアタッチしました。

 

フィア
ふぃー……いい仕事した…
カレン
お疲れ様

 

忙しい人のための入門講座まとめページへ戻る

 

【Unity の教科書 2018】サンプルゲームあり|2D&3Dスマートフォンゲームが作れるおすすめの入門書

Amazon Audible| 有名声優が朗読!おすすめライトノベルとドラマCD8選!

 

すくまりゲームズの人気記事